home食品衛生自動検査システム DOX

食品衛生自動検査システム DOX

迅速・確実な衛生検査を実現

近年、食生活を取り巻く環境の変化により、食品安全基本法ではリスク管理の重要性が問われています。
また令和3年よりHACCPに沿った衛生管理が完全施行され、HACCPに基づく衛生管理、または、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理によって、異物混入や食中毒菌汚染などの問題をすべての工程で管理し、更なる食品の安全性の向上が求められるようになりました。

衛生管理の1つとして、食品が清潔な扱いを受けたかどうかのバロメーターとなるのが衛生指標菌です。その食品にどのくらいの細菌がいるのかを検査するためには、専門知識が必要で手間と時間がかかります。菌は時間とともに増殖していくため、万が一、原料や製品、製造場所などに細菌が増殖していた場合、できる限り早く発見し、早急に行動を取らなくてはいけません。食品の衛生検査をできるだけ簡略化し、専門知識が無くても、簡単にそして迅速に検査ができるようにと、食品細菌自動検査システムDOXを開発いたしました。