一色 賢司先生の略歴

You are here: Home > 食品衛生コラム >    ◆ 一色 賢司先生の略歴

   ◆ 一色 賢司先生の略歴isshikikao100.jpg

 

一色 賢司(いっしき・けんじ)先生 

1950年9月、福岡県北九州市生。 

1975年3月、九州大学大学院農学研究科修士課程修了。 

            4月、北九州市環境衛生研究所に入所。食品や食品添加物等の試験・研究に従事。

1990年10月、農林水産省食品総合研究所腐敗防止研究室長として転職。健全性評価研究室長、微生物制御研究室長を経て、

1996年10月 上席研究官となる。

1997年2月から14年2月まで OECD経済協力開発機構の新食品・飼料安全性部会ビューローを併任する。

1998年4月から16年3月まで お茶の水女子大学大学院教授を併任する。

2001年4月、独立行政法人食品総合研究所食品衛生対策チーム長となる。

2003年7月、内閣府食品安全委員会事務局次長となる。

2006年8月、北海道大学大学院教授に転職。水産科学研究院フードチェーン保全研究室を担当する。

2014年3月、北海道大学定年退職。

2014年4月、北海道大学名誉教授、放送大学客員教授、一般財団法人日本食品分析センター学術顧問となる。

 

<その他一覧>

専門分野

食品衛生、食品保全

 

主な著書

1) 「食品衛生学」東京化学同人(編共著、2014)、2)「食安全性学」放送大学教育振興会(共編共著、2014)、3)「生食のおいしさとリスク」NTS(監修著、2013)、4)「食と健康」放送大学教育振興会(共著、2012)、他

 

学会活動

国際食品保全学会(International Association of Food Protection、編集委員)、日本食品化学学会(理事長)、日本食品微生物学会(評議員)、日本動物細胞工学会(評議員)、日本食品衛生学会(2013年5月まで理事、功労賞受賞)、他

 

兼職等

茨城大学大学院非常勤講師、高知大学非常勤講師、九州大学食品機能デザイン研究センターアドバイザー、静岡理工科大学外部評価委員会委員、厚生労働省食品安全研究評価委員会委員、(公社)農林水産・食品産業技術振興協会専門協力員、(一財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団選考委員、(一社)食品安全検定協会運営委員会委員長、他

 

 

一色先生のプロフィール参考サイト

http://researchmap.jp/isshiki-kenji/

« prev  |   top  |   next »

The standard download of CMSimple comes with English and German language files only.

Please don’t delete the "default" and "en" language files (default.php and en.php), as they serve as default fallback.

German language files are included because the German language user’s community is by far the largest.

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login