一色 賢司先生の略歴

You are here: Home > 食品衛生コラム >    ◆ 一色 賢司先生の略歴

   ◆ 一色 賢司先生の略歴isshikikao100.jpg

 

一色 賢司(いっしき・けんじ)先生 

昭和25年9月、福岡県北九州市生。 

昭和50年3月、九州大学大学院農学研究科修士課程修了。 

            4月、北九州市環境衛生研究所に入所。食品や食品添加物等の試験・研究に従事。

平成2年10月、農林水産省食品総合研究所腐敗防止研究室長として転職。健全性評価研究室長、微生物制御研究室長を経て、

平成8年10月 上席研究官となる。

平成9年2月から14年2月まで OECD経済協力開発機構の新食品・飼料安全性部会ビューローを併任する。

平成10年4月から16年3月まで お茶の水女子大学大学院教授を併任する。

平成13年4月、独立行政法人食品総合研究所食品衛生対策チーム長となる。

平成15年7月、内閣府食品安全委員会事務局次長となる。

平成18年8月、北海道大学大学院教授に転職。水産科学研究院フードチェーン保全研究室を担当する。

平成26年3月、北海道大学定年退職。

平成26年4月、北海道大学名誉教授、放送大学客員教授、一般財団法人日本食品分析センター学術顧問となる。

 

<その他一覧>

専門分野

食品衛生、食品保全

 

主な著書

1) 「食品衛生学」東京化学同人(編共著、2014)、2)「食安全性学」放送大学教育振興会(共編共著、2014)、3)「生食のおいしさとリスク」NTS(監修著、2013)、4)「食と健康」放送大学教育振興会(共著、2012)、他

 

学会活動

国際食品保全学会(International Association of Food Protection、編集委員)、日本食品化学学会(理事長)、日本食品微生物学会(評議員)、日本動物細胞工学会(評議員)、日本食品衛生学会(2013年5月まで理事、功労賞受賞)、他

 

兼職等

茨城大学大学院非常勤講師、高知大学非常勤講師、九州大学食品機能デザイン研究センターアドバイザー、静岡理工科大学外部評価委員会委員、厚生労働省食品安全研究評価委員会委員、(公社)農林水産・食品産業技術振興協会専門協力員、(一財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団選考委員、(一社)食品安全検定協会運営委員会委員長、他

 

 

一色先生のプロフィール参考サイト

http://researchmap.jp/isshiki-kenji/

« prev  |   top  |   next »

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

DOX SYSTEM

English Pages »
Bio-Theta.Ltd.

3-20-9-603 Nishinakajima, Yodogawa-ku, Osaka, 532-0011 Japan

TEL: +81-6-6886-8204

FAX: +81-6-6886-8224

E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login