チルド肉の製造工程の場合

You are here: Home > DOX導入事例・導入業種 > チルド肉の製造工程の場合

チルド肉の製造工程の場合

製造工程のさまざまなステージでDOXを活用されています。同時に多検体を検査できるので、各工程の検査を同時に行うことができ、非常に効率的に検査をされています。

工程 使用例 メリット
新製品の静菌剤の選定
新規原料の導入可否の判定
当日中に決定できます
解体後の枝肉チェック 検査結果が出てから使用できます
原材料メーカーへのフィードバックが納入日にできます
仕入材料の品質チェック 検査結果が出てから使用できます
原材料メーカーへのフィードバックが納入日にできます
効率よく高付加価値品を仕分けできます
各工程の拭取り調査
加工工程で使用する薬液チェック
安全なもののみを出荷できます
効果的な洗浄殺菌方法をその日のうちに決定し、採用できます
出荷検査
製品不良のチェック
現場に迅速な指示を出せます
異常があった場合、市場に出回る前に対策を打つことができます
« prev  |   top  |   next »

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

DOX SYSTEM

English Pages »
Bio-Theta.Ltd.

3-20-9-603 Nishinakajima, Yodogawa-ku, Osaka, 532-0011 Japan

TEL: +81-6-6886-8204

FAX: +81-6-6886-8224

E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login