溶存酸素量の変化

You are here: Home > DOXの原理 > 溶存酸素量の変化

溶存酸素量の変化

Start of the measurement

測定開始時

培地内に酸素が溶存しているので、その溶存酸素量に応じた微弱な電流が流れ、検出されます。

incubation...

End of the measurement

測定終了時

菌の増殖によって溶存酸素が消費されると、その酸素量に応じて検出されている電流が急激に減少するので、それにより菌の増殖の様子がわかります。

« prev  |   top  |   next »

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

DOX SYSTEM

English Pages »
Bio-Theta.Ltd.

3-20-9-603 Nishinakajima, Yodogawa-ku, Osaka, 532-0011 Japan

TEL: +81-6-6886-8204

FAX: +81-6-6886-8224

E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login