池亀 公和先生の略歴

You are here: Home > 食品衛生コラム >    ◆ 池亀 公和先生の略歴

   ◆ 池亀 公和先生の略歴ikegameprofile200.jpg


池亀 公和(いけがめ・きみかず)先生


1974年、日本獣医畜産大学畜産食品工学科卒業後、都立衛生研究所(現都立健康安全センタ
ー)研究生を経て(社)東京都食品衛生協会 東京食品技術研究所へ勤務。

1989年には、JICA専門家としてKenya Medical Research Institute Center for Microbiological Reseachに1年間勤務。

帰国後 1992年(株)三菱油化ビーシーエル(現・LSIメディエンス) 入社。その後食品検査センターを立上勤務。

2006年3月依願退職後J・FSD㈱(ジャパンフードセイフティードクター株式会社)を設立。

現在に至る

    

今までの主な活動

  ○ 東京農業大学短期大学部客員教授

  ○ 日本食品微生物学会評議員 

  ○ 栃木県食品自主衛生管理認証基準等検討委員 

  ○ 食品産業センター、JAS協会講師

                        等

 

論文及び専門雑誌投稿

1. 食品中における黄色ブドウ球菌の増殖とエンテロトキシン産生に及ぼすグラム陰性菌の影響

日本食品微生物学会誌 Vol. 2, 2号   1985年

2. Recommended Method for Enumeration of Lecithinase-Positive Clostridia in Human Feces.

Bifidobacteria Microflra  Vol.13 (1)     1993年

3. 弁当および惣菜の品質管理とそのアイデア

食品と科学誌11月号           1993年 

4. コンビニエンス・ストアーにおける弁当類の細菌学的評価

日本食品微生物学会誌 Vol. 10, 4号    1994年

5. 米国のHACCP研究視察

食品と科学誌8月号            1997年

6. コンビニエンスストアーの衛生管理

月刊フードケミカル3月号        1998年

7.   食品製造現場における除菌洗浄の現実と考え方

月刊フードケミカル6月号        1999年

8.   Listeria monocytogenes を対象としたPCRプライマーの検討

日本食品微生物学会誌 Vol. 17, 2号     2000年 

9.    現場における品質管理システム構築の課題

月刊フードケミカル11月号        2003年

10.  食べ物と菌と食品衛生

季刊Biophilia vol.7 No.4      2011年

等多数 

池亀先生プロフィール 参考サイト

http://shokunoanzen.net/


« prev  |   top  |   next »

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

DOX SYSTEM

English Pages »
Bio-Theta.Ltd.

3-20-9-603 Nishinakajima, Yodogawa-ku, Osaka, 532-0011 Japan

TEL: +81-6-6886-8204

FAX: +81-6-6886-8224

E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login